乳児湿疹を悪化させないケアとは?

乳児湿疹は、、生後1ヶ月を過ぎたくらいから赤ちゃんの顔に赤いポツポツが出たり、頭や体などにも湿疹が出る状態を言います。

 

大抵は1歳になるころには軽快するのですが、きちんとケアをしていないと悪化してアトピー性皮膚炎につながることもあります。実際のところ、乳児の湿疹とアトピー性皮膚炎は本質的には同じもので、皮膚のバリア機能が弱いために生じます。

 

この湿疹ができると、赤ちゃんは痒くなってきてしまうため、どうしても掻きむしってしまい、機嫌も悪く泣き続けてしまいます。さらに湿疹の部分が膿んで汁が出てきたり、カサカサになって悪化することもあります。

 

また赤ちゃんが強く掻いてしまうと、キズになってしまい跡が残ることもあるようです。ですから、上手にケアをするのはなかなか大変な場合があります。

 

まずは乳児湿疹ができてしまう前の予防が大切です。そして、できてしまってからも悪化させないために生活環境に気をくばってあげましょう。

 

乳児湿疹の予防と対策

 

予防であれ、できてしまってからの対策であれ、生活環境の面で以下の点に注意すると良いでしょう。乳児湿疹には幾つかのタイプがありますが、いずれの場合も共通するポイントです。

 

部屋の空気環境に気をつける

お部屋の環境に気をつけて、加湿器などにより十分に保湿をしておくようにしておきましょう。逆にエアコンなどの使用が多いと乾燥肌になってかゆみや痛みが出てきて、乳児湿疹につながることがあります。

 

また、あまり部屋を暖め過ぎないようにしましょう。こたつやホットカーペットなどによって体が温かくなりすぎると、痒みが出てきてしまうことがあります。

 

入浴時に注意する

お風呂の赤ちゃん

乳児湿疹は、もともと未熟な赤ちゃんの皮膚のバリア機能がさらに弱くなっていることが原因と考えられますから、入浴時の洗い方やケアはとても大事になってきます。

 

まずは使用する洗剤をよく選びましょう。肌への刺激が少ない無添加で泡タイプのもので、さらに保湿成分まで入っているなら最適です。
こちらのベビーソープは「水」までこだわってつくられていますので、かなりおすすめです⇒ 赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

 

また洗うときには、強くこすり過ぎないようにし、優しく洗ってあげて下さい。特に顔を洗いすぎることは悪化につながることがあります。

 

すすぎ残しがないようにすることも大切です。入浴後のケアとしては、赤ちゃんのお肌に合った保湿剤を活用するのがよいでしょう。


 

汗やよだれを拭く時に注意する

顔についたよだれや体の汗を拭く時にタオルによっては皮膚を傷つけてしまうことがあります。ガーゼに少し水を含ませるなどして、できる限りやさしく拭いてあげましょう。

 

オムツかぶれを防ぐ

オムツかぶれも乳児湿疹の一種です。マメに交換してあげることと、お尻拭きで丁寧に拭いてあげたり、うんちの後にぬるま湯で洗ってあげるなど清潔を保ちましょう。
またオムツかぶれになると赤ちゃんが痛がってうんちを我慢することもあります。放っておくと便秘になりますから、早めの便秘対策も大切です。

赤ちゃん用の保湿剤「ファムズベビー」が、乳児湿疹に悩むママたちの間で評判が良いようです。

 

ファムズベビー公式

 

ファムズベビー公式ページはこちら

 

赤ちゃんの肌に毎日つけるものですから、保湿剤は何よりも安心できる商品であることが大切ですよね。

 

ファムズベビーは、日本有数の病院の調剤薬局でも扱われており、医師たちも勧める信頼性の高い保湿剤です。ドクターが監修するスキンケア情報サイト「スキンケア大学」でもオススメの保湿剤として取り上げられました。

 

乳児湿疹は、デリケートな赤ちゃん肌トラブルですから、安全性や作用の不確かなスキンケア商品ではかえって悪化させることもあります。

 

この点で、ファムズベビーはまずは一歩リードしていると言えると思います。

 

ファムズベビーの驚くべき体験談の数々

 

有効性を判断するのに一番参考になるのは、ご購入者の生の声です。

 

ファムズベビーの公式ページでは、子どもの乳児性湿疹にずっと悩んできたママたちの生々しい体験談が幾つも掲載されています。
ファムズベビー公式ページはこちら

 

それらの体験談によると大体使い始めて3〜4日で効果を実感する方が多いようです。中にはあまりの効き目にステロイドか入っているのではないかと疑って、わざわざ販売者にと合わせた方も。

 

また体験談では、赤ちゃんにステロイドを使い続けることの心配から、ファムズベビーを選んだという方が多いようです。ファムズベビーなら、無着色・無香料で赤ちゃんが舐めても大丈夫なそうですから安心できますし、これで改善するなら本当に理想ですよね。

 

ファムズベビーのおすすめポイント

 

ファムズベビーは、安全性や口コミ評価が素晴らしいだけでなく利便性やサポート面でも優れています。幾つかのおすすめポイントをまとめてみました。

 

ビフォアケアで未然に防ぐ

既に乳児湿疹があらわれている赤ちゃんに役立つのはもちろんですが、未然に防ぐ「ビフォアケア」がファムズベビーのコンセプトになっています。皮膚のバリア機能がまだ未熟な赤ちゃん肌を、保湿バリアと保護バリアのWバリアで守ってくれますから、アトピー性皮膚炎や肌トラブルが心配な赤ちゃんの予防スキンケアとして役立つ商品です。

 

全身に使える

乳児湿疹も体の様々な部位にあらわれます。顔や手足の湿疹、オムツかぶれなど部位別に保湿剤を変えていると大変ですが、ファムズベビーならこれ一本でトラブルの原因に関わらず全身に使えるからとても便利なのです。

 

家族みんな使える

ファムズベビーは、赤ちゃんだけではなく、ママもパパも家族みんなが使えます。実際に体験談では自分でも使っていてお肌の状態が良いというママの声も多数掲載されています。水仕事による手荒れや乾燥による肌トラブルまで赤ちゃんからお年寄りまでみんな守ってくれる商品です。

 

30日間全額返金保証

まずは試してみたい方のために、全額返金保証がついています。30日間あれば使えそうかどうかは判断できますから、購入で失敗するというリスクはありません。また、このような返金保証がつけられるということは、販売者が商品に自信をもっていることの証拠ともいえますね。

 

 

さらに詳しくは以下をクリックしてご確認下さい
↓ ↓ ↓
ファムズベビー公式ページはこちら

 

 

 

 

乳児湿疹のない赤ちゃんのほっぺ

 

乳児湿疹は、ひどくなって膿んだようになったり、かさぶたがあちこちできると、やはり皮膚科や小児科の病院で診てもらうことが必要です。

 

そのブツブツはアトピー性皮膚炎が原因かもしれませんし、何らかのアレルギーが理由となっているのかもしれません。そのような疑いのある時は、医師の診断を受けて、正しい治療を行うことが何より大切です。

 

しかし、多くの赤ちゃんに生じる湿疹は月齢に伴って当然に分泌される脂質に過ぎないので、自然治癒することが多いようです。

 

いずれにしても、ポツポツ出ている発疹が悪化する前に家庭でできることは多くあります。

 

何よりもスキンケアが重要になりますが、試してみたい方法のひとつに馬油を塗ることがあります。

 

馬油は天然の保湿剤

馬油は馬の脂肪から作られる天然素材の保湿剤です。ですから、敏感な赤ちゃんの肌にも負担がなく、乾燥を防いでしっかりと保湿をしてくれます。

 

赤ちゃんの肌にとても優しい保湿剤なのです。

 

赤ちゃんのスキンケアの基本は清潔にすることと、保湿の2つが柱となりますが、保湿に何を使用するかということで肌の状態も大きく変わってきます。

 

デリケートな子どもの肌ですから、刺激のあるクリームや不純物の混ざっているかもしれないローションは避けたいですね。

 

馬油は人間の皮脂と成分がよく似ているといわれ、皮膚のすき間に浸透していき、セラミドと呼ばれる細胞間の脂質に潤いを与えます。また表皮に油膜を張ることで、外部からのダメージを防ぐバリア効果も期待できます。

 

そのような意味では肌の表面の保湿に適しており、また自然素材で食用にできるぐらい口に入れても無害な安全性の高いものなので、赤ちゃんのケア用として向いています。

 

馬油は乳児湿疹の炎症を抑える

注目したいのは、保湿作用だけではありません。

 

馬油の成分には、炎症を鎮める抗炎症作用や血行を促進する作用があり、乳児湿疹だけでなく、オムツかぶれやあせもにも使えるのです。

 

さらに殺菌作用もあり、細菌が皮膚から繁殖するのも防いでくれますし、パパやママの肌トラブルや目の下のクマを取るのにも向いています。

 

また、カサカサ乾燥肌を解消するだけでなく、シミも防ぐし、まつ毛が伸びるとか、様々な効能があります。

 

スキンケアによく使われるワセリンよりは用途が広いといえそうです。

 

乳児の湿疹で馬油を使うときの注意点

このように万能でメリットが多いように思える馬油ですが、赤ちゃんによっては肌に合わないことがあるようです。

 

天然素材とはいえ、使用したことで逆に湿疹がひどくなったという例や、ほとんど効果がなかったという例も報告されています。

 

中には、ほんの少し顔に湿疹があっただけだったのが、馬油を塗った翌日に顔中が湿疹だらけで真っ赤になったというケースも・・・

 

こうしたことは、馬油のタンパク質成分が体質に合っていなかったり、馬油自体の質が悪い場合に起きる可能性があります。

 

やはり少しずつ様子を見ながら使用して、あまり向いていないようだったら他の方法を試してみましょう。

 

馬油の別のデメリットとして、ベタつく感じやニオイが気になるという声もあります。

 

やっぱり、赤ちゃんのほっぺはスベスベしていて欲しいもので、ベットリとした感じはやや抵抗があるという人も多いようです。

 

どんなものでも赤ちゃんの体質や症状によって、合う合わないがありますから、その子にとっての最適なものを探すという姿勢が必要になってきます。

 

もう一つ気になるのは、直射日光の強い時期の日焼けかもしれませんね。

 

オイルですから、ベビーとおでかけする時など、日焼けを促進してしまいそうなイメージがありますが、馬油が日焼けを助長することはありませんから、ご安心ください。

 

しかし、日焼け止めの代わりにはなりませんから、日光の強い日の外出は馬油を塗った上からベビー用の日焼け止めクリームも塗り、紫外線対策をしっかりと行ってください。

 

 

ところで最近の赤ちゃん用保湿剤では「ファムズベビー」という商品が人気のようです。詳しくはこちらの記事で→ファムズベビーが乳児湿疹に絶対おすすめ!

 

品質の高い馬油の選び方

一口に馬油と言っても、やはりピンからキリまであります。

 

通常、馬油は馬のたてがみや尻尾の付け根の脂肪、その他の部位の皮下脂肪から抽出されるのですが、たてがみの脂質は馬一頭からわずかしか取れず、リノレン酸という良質なオイルを多く含むため、より高価のようです。

 

中には、馬のたてがみ100%使用とうたわれた馬油がありますが、高価な分だけ皮膚への浸透力が高いと言われています。

 

尚、馬油100%ではない不純物の混じった製品もありますが、敏感肌のベビー向きではないてじょう。

 

また鮮度がいいかどうかも大切なポイントです。開封後にずいぶんと時間のたって劣化したような古いものは赤ちゃんには使わないように注意しましょう。

生まれて間もない頃から1歳くらいまでの赤ちゃんの顔などにあらわれる湿疹のことを、乳児湿疹と言います。
これは赤ちゃんの肌トラブルでも多く見られるものです。

 

症状の特徴は人それぞれですが、患部が真っ赤になって、ベタベタしたり、ジュクジュクと汁のようなものが出たり、カサカサしたりします。

 

乳児湿疹のできる部位としては、やはり顔やほっぺが一番多いようです。しかし、膝やひじの後ろ、首の付け根などにもあらわれます。

 

乳児湿疹の原因については症状によって様々ですが、ひとつはママの乳製品や脂質の摂り過ぎにも原因があると言われています。
これは特に母乳で育てている赤ちゃんの場合に、注意しなくてはいけない点かもしれません。

 

赤ちゃんはまだ皮膚が薄くとてもデリケートですから、顔や体を日々清潔にしてあげることがとても大切になってきます。

 

お風呂では石鹸を使ってキレイに洗い流してあげましょう。その時に、強く擦ることは絶対に避けましょう。

 

お風呂上りの保湿も重要となってきます。乾燥を防ぐために、低刺激のベビー用ローションやクリームなどで保湿をしてあげて下さい。

 

痒みがあるとどうしても赤ちゃんは知らない所で掻きむしってしまう事もあり、顔にキズ跡が残ってしまう事もあります。それで、爪は丸く短く切っておくようにしましょう。

 

乳児湿疹は成長の過程でごく普通に見られることでもあり、きちんとスキンケアを行なえばそれほど心配する事はありません。

 

しかし、アトピー性皮膚炎によるものなど、通常の湿疹と見分けがつかずに治療が遅れる場合もあります。

 

数ヶ月しても症状に変化もなく、悪化してくるようなことがあれば小児科や皮膚科などへ受診をして医師へ相談してみましょう。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら

 

乳児湿疹で病院に行くと、多くの場合にステロイドが処方されます。

 

ステロイドは体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする薬で、様々な治療に使われますが、副作用も多いので心配される方は少なくありません。

 

しかし、医師の指示にしたがって回数と量を守って使用するなら、決して危険な薬ではありません。即効性がありますし、赤ちゃんも早く楽になれます。

 

問題は薬に頼りすぎることだと思います。

 

ステロイドを使えば、すぐに湿疹がきれいになったり、痒みが抑えられますが、治ったわけではないのです。

 

そのためにステロイドの使用をやめると、またすぐに湿疹があらわれてしまいます。

 

結局のところ、薬というのは症状を抑えるためのものであり、病気は本来誰もが持っている自己治癒力でしか治せないです。

 

それなのに、ステロイドで乳児湿疹がおさまったからと安心して、スキンケアを怠ったり、生活習慣や食事面で気をつけていないなら、症状はなくても湿疹体質は治っていないのです。

 

このような状態でステロイドを使い続けていくと、段々と効かなくなり、使用量も増えていきますから、副作用もひどく表れるようになります。

 

ですから、ステロイドはひどい症状を抑えるために必要なものですが、それに頼っていつまでも使い続けるものではありません。

 

ステロイドを使わなくてよいよう、赤ちゃん自身の健康力を高めることが目標です。

 

例えば、母乳栄養の赤ちゃんの場合は、お母さんの食生活を少し見直すだけでステロイドを使わなくてよくなったという例が少なくありません。

 

またスキンケアの方法を変えただけでも、きれいに治ってしまったという例もあります。

 

そのような努力をせずにステロイドを使い続けることが危険なのです。

 

あくまでステロイドは緊急避難用として付き合い、赤ちゃん自身の自己治癒力を高めることにフォーカスしていきましょう。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら

乳児に湿疹ができたとき、大抵は自然と治っていきますが、数ヶ月たっても改善しないということもあります。

 

ジュクジュクして膿みのようなものが出るほどになると、やはり薬の使用を考える方も多いと思います。

 

それでも市販の薬を自己判断で使用することは避けたほうが良さそうです。

 

ひとつには、乳児湿疹は幾つかのタイプがあり、それに沿った治療をしなければ逆に悪化することもありえるからです。関連記事:乳児湿疹この症状は大丈夫なの?タイプ別の症状

 

例えば、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる湿疹の場合は、アレルゲンとなる物質を除くことのほうが重要な場合がありますし、薬の種類も変わってきます。

 

さらに体の様々な器官が発達途上にある赤ちゃんは、薬による影響を大きく受ける可能性もあるため、使用に関しては慎重になる必要があります。

 

ですから、薬の使用を考えるときは、まずは小児科の医師に相談するようにしてください。

 

乳児湿疹の薬としては、多くはステロイドが処方されます。ステロイドに関しては様々な害が伝えられるため、心配される親御さんも少なくないようです。

 

そのために、使用する派と絶対に使用しない派とで意見が大きく分かれるようです。しかし、基本的には医師の指示通りに回数や量を守れば安全ですし、赤ちゃんも痒みがおさまって楽になれるようです。関連記事:乳児の湿疹でステロイドとの上手な付き合い方

 

一方で、ステロイドを使わない派では、母親の食生活から見直すことで母乳の質を改善し、湿疹が軽減したという方もおられます。

 

乳児湿疹のほとんどは、皮膚のバリア機能が強くなる1歳頃になると治るようです。ただアトピー性皮膚炎の場合は、その後もなかなか改善しないことも多いようです。

 

いずれの場合でも、清潔と保湿に気をつけてスキンケアを行ない、薬を使用するときでも段々と使用量を減らしていくことを目標にしましょう。もちろん減らすときは自己判断ではなく、医師の指示にしたがって減らしていくようにします。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら

乳児の湿疹と一口に言っても、いくつかのタイプがあります。タイプ別の症状はこちら

 

赤ちゃんスヤスヤ

ですから、いつまで続くかという点は湿疹のタイプによりますし、赤ちゃんの体質やケアの仕方によって症状が長引いたり、悪化することも考えられます。

 

それでも、一般的に乳児湿疹がいつまで続くかの目安はあります。

 

まず、新生児のころにニキビのような赤いポツポツがあらわれる湿疹は、1ヶ月程度で自然と治ることが多いようです。

 

それ以外の湿疹は1歳ぐらいまでに治ることが多く、これは乳児の約8割に見られるものですから、普通に起きることであり心配しすぎる必要はありません。

 

多くは湿疹があらわれてから2ヶ月目ぐらいがピークで、その後にきちんとケアをしていれば治っていきます。

 

一方で、症状が悪化したり、なかなか改善しないという場合は、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる湿疹の可能性があります。

 

ですから、乳児湿疹があらわれてから、出しくケアを行なっているにも関わらず、いつまでも改善しないという場合は病院の受診も考えましょう。

 

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーに早めに気づくためにも、日ごろのスキンケアは重要になっていきます。またスキンケアが十分でないと、赤ちゃんが痒くて引っかくので、細菌感染など悪化して膿みのようになることもあります。

 

赤ちゃんのスキンケアの二大原則は、清潔と保湿です。いずれも少しの心がけでかなり違いが生じるので、洗剤選びや洗い方などで肌に良いことを習慣にしてあげましょう。

 

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら

乳児の湿疹には幾つかのタイプがあります。多くはその症状によって見分けがつきますが、中には専門家でも判断の難しい症状もあります。

 

しばらく様子を見たり、スキンケアに気をつけてもなかなか改善しないような乳児湿疹の場合は、やはり専門医に診てもらうことをおすすめします。

 

以下に代表的な乳児湿疹のタイプと症状をあげてみたいと思います。

 

新生児にきび

症状としては、ニキビのような赤いブツブツが顔にできます。額やホッペだけでなく、顔全体に広がってしまうこともあります。
生後1週間から1ヶ月の新生児の時期に生じやすいので新生児ニキビと呼ばれます。
スキンケアに気をつけていれば、しばらくして自然と治ることが多いようです。

 

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹
出典:みやけ内科・循環器科HPより

 

症状としては、顔や頭皮や眉毛に黄色いフケのようなものやかさぶたのようなものが付着したようになります。かゆみはあまりありませんが、炎症を起こすと赤くなったり、膿んだようになります。
生後4ヶ月までにあらわれやすいようです。

 

あせも

汗が原因となるもので、首のまわりやお尻、背中など汗をかきやすく蒸れやすい体の部位によく表れます。
白いボツボツのような水疱状のあせもは痒みも少なくて治りやすいようです。一方で、赤い発疹のあせものタイプは痒くてやっかいです。
赤ちゃんが引っかいて細菌感染を起こし悪化すると、「あせものより」と言って膿んだようになります。このようになると、発熱やリンパ腺が腫れるなどの症状があらわれるので要注意です。

 

オムツかぶれ

オムツがあたるところの皮膚の表面が赤くなります。そのままにしておくと、赤い部分が広がっていき、ただれて水ぶくれになったりします。
おしっこやうんちのアンモニアが刺激となって炎症が起きている状態です。

 

食物アレルギーを原因とする湿疹

食物アレルギーの湿疹
出典:遠藤アレルギークリニックHPより

 

症状としては、口の中や周囲、また全身に赤いブツブツができることがあります。また湿疹以外の症状として、下痢や嘔吐なども併せて起きることがあります。
離乳食が始まってから、食後しばらくして症状が見られるようなら、食物アレルギーによるものと疑われます。

 

アトピー性皮膚炎

症状は、顔から始まり、目や口のまわりが最初に赤くなって痒がります。しばらくすると、今度はヒジやヒザの後ろ、足の付け根などに皮膚炎が目立つようになります。
男の子は陰のうが赤く腫れて膨れあがることもあります。皮膚の炎症はやがてジクジクと湿ってかさぶたのようになっていきます。
他の湿疹との見分けが難しいことがありますので、症状が悪化していたり、なかなか治らないという場合は診察を受けましょう。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら

生まれてから1ヶ月ぐらいがすぎると、乳児湿疹という症状があらわれやすくなります。
これは、顔や体に赤くポツポツした湿疹が出てくる症状で、それを初めて見るママの中には、心配と驚きを隠せない方もいるかもしれません。

 

泣く赤ちゃん

しかし、このような乳児湿疹はどんな赤ちゃんでも普通に表れるものなので、それほど心配しなくても大丈夫です。やがては軽減していき、治ることがほとんどなのです。

 

ただし、ケアの仕方によっては悪化して膿んでしまったりカサカサしてしまう事もあるようです。またアトピー性皮膚炎にもつながることがありますので、無関心であってよいわけでもありません。

 

赤ちゃん本人も痒く痛みも少しあるので不快になってしまい、泣き続けてしまう子や掻きむしってしまう子もいるので、なるべく早めに対処してあげることは大切です。

 

ところで、このような乳児の湿疹の原因は何でしょうか?

 

生まれてからの期間がまだ短い赤ちゃんは、新陳代謝が活発な上にお母さんからの女性ホルモンの影響が残っているので、生後3ヶ月くらいまでは皮脂の分泌がとても盛んです。

 

また汗腺の数は大人と同じなのに、体の表面積はずっと少ないので、赤ちゃんはとても汗っかきなのです。

 

このように赤ちゃんは汗や皮脂をたくさん排出するにも関わらず、肌がきめが細かくて毛穴も小さいため詰まりやすくて、汚れやすいという特徴があります。

 

このことが、かゆみや肌のトラブルを引き起こし、乳児湿疹の原因になるというわけです。

 

もうひとつの原因は、赤ちゃんの皮膚のバリア機能の未熟さにあります。

 

赤ちゃんの皮膚の角質層は大人と比較すると、厚さが約半分です。

 

角質層は保湿や有害物質の侵入を防ぐのに大切な役目を果たしていますが、赤ちゃんはその部分が弱いので、角質層がはがれて皮膚がダメージを受けやすくなってます。

 

ですから、このような乳児湿疹の原因を正しく理解して、ケアをしていくことが必要です。

 

ひとつは、汗や皮脂を小まめに取り除いて清潔にしてあげることです。

 

そして、顔や体を拭いたり、洗ったりするときに角質層を守るようにやさしく行なうこと、また保湿剤を活用して角質層を守ってあげるということが大切なのです。

 

尚、食物アレルギーなどもともとのアレルギー体質を原因とする湿疹の場合もあります。
このタイプについてはスキンケアも大切ですが、専門医のアドバイスを受けながら薬の投与なども必要になることがあります。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら