ステロイドに頼らないことが大切

乳児湿疹で病院に行くと、多くの場合にステロイドが処方されます。

 

ステロイドは体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする薬で、様々な治療に使われますが、副作用も多いので心配される方は少なくありません。

 

しかし、医師の指示にしたがって回数と量を守って使用するなら、決して危険な薬ではありません。即効性がありますし、赤ちゃんも早く楽になれます。

 

問題は薬に頼りすぎることだと思います。

 

ステロイドを使えば、すぐに湿疹がきれいになったり、痒みが抑えられますが、治ったわけではないのです。

 

そのためにステロイドの使用をやめると、またすぐに湿疹があらわれてしまいます。

 

結局のところ、薬というのは症状を抑えるためのものであり、病気は本来誰もが持っている自己治癒力でしか治せないです。

 

それなのに、ステロイドで乳児湿疹がおさまったからと安心して、スキンケアを怠ったり、生活習慣や食事面で気をつけていないなら、症状はなくても湿疹体質は治っていないのです。

 

このような状態でステロイドを使い続けていくと、段々と効かなくなり、使用量も増えていきますから、副作用もひどく表れるようになります。

 

ですから、ステロイドはひどい症状を抑えるために必要なものですが、それに頼っていつまでも使い続けるものではありません。

 

ステロイドを使わなくてよいよう、赤ちゃん自身の健康力を高めることが目標です。

 

例えば、母乳栄養の赤ちゃんの場合は、お母さんの食生活を少し見直すだけでステロイドを使わなくてよくなったという例が少なくありません。

 

またスキンケアの方法を変えただけでも、きれいに治ってしまったという例もあります。

 

そのような努力をせずにステロイドを使い続けることが危険なのです。

 

あくまでステロイドは緊急避難用として付き合い、赤ちゃん自身の自己治癒力を高めることにフォーカスしていきましょう。

 

乳児湿疹のためのファムズベビーの上手な使い方はこちら