乳児 湿疹 原因

乳児湿疹は原因を正しく知ることから

生まれてから1ヶ月ぐらいがすぎると、乳児湿疹という症状があらわれやすくなります。
これは、顔や体に赤くポツポツした湿疹が出てくる症状で、それを初めて見るママの中には、心配と驚きを隠せない方もいるかもしれません。

 

泣く赤ちゃん

しかし、このような乳児湿疹はどんな赤ちゃんでも普通に表れるものなので、それほど心配しなくても大丈夫です。やがては軽減していき、治ることがほとんどなのです。

 

ただし、ケアの仕方によっては悪化して膿んでしまったりカサカサしてしまう事もあるようです。またアトピー性皮膚炎にもつながることがありますので、無関心であってよいわけでもありません。

 

赤ちゃん本人も痒く痛みも少しあるので不快になってしまい、泣き続けてしまう子や掻きむしってしまう子もいるので、なるべく早めに対処してあげることは大切です。

 

ところで、このような乳児の湿疹の原因は何でしょうか?

 

生まれてからの期間がまだ短い赤ちゃんは、新陳代謝が活発な上にお母さんからの女性ホルモンの影響が残っているので、生後3ヶ月くらいまでは皮脂の分泌がとても盛んです。

 

また汗腺の数は大人と同じなのに、体の表面積はずっと少ないので、赤ちゃんはとても汗っかきなのです。

 

このように赤ちゃんは汗や皮脂をたくさん排出するにも関わらず、肌がきめが細かくて毛穴も小さいため詰まりやすくて、汚れやすいという特徴があります。

 

このことが、かゆみや肌のトラブルを引き起こし、乳児湿疹の原因になるというわけです。

 

もうひとつの原因は、赤ちゃんの皮膚のバリア機能の未熟さにあります。

 

赤ちゃんの皮膚の角質層は大人と比較すると、厚さが約半分です。

 

角質層は保湿や有害物質の侵入を防ぐのに大切な役目を果たしていますが、赤ちゃんはその部分が弱いので、角質層がはがれて皮膚がダメージを受けやすくなってます。

 

ですから、このような乳児湿疹の原因を正しく理解して、ケアをしていくことが必要です。

 

ひとつは、汗や皮脂を小まめに取り除いて清潔にしてあげることです。

 

そして、顔や体を拭いたり、洗ったりするときに角質層を守るようにやさしく行なうこと、また保湿剤を活用して角質層を守ってあげるということが大切なのです。

 

尚、食物アレルギーなどもともとのアレルギー体質を原因とする湿疹の場合もあります。
このタイプについてはスキンケアも大切ですが、専門医のアドバイスを受けながら薬の投与なども必要になることがあります。

 

乳児湿疹を防ぐ上手なスキンケアの方法こちら